という結果、山田は3番で。

ということになるとあたりの打者をどうするのか?という話に。
予め、山田には、ランナーいらっしゃる状態で打たせることを考えて、前の打者は、出塁比が厳しい打者を置かないといけない。
そうすると代替えは、二つ。昨年みたいに首位打者です川端という、本年、3割をキープしてある坂口。こういう2択であることは確定。
こういう2顧客は、やはり左側打者です所作。山田は右側打者です所作。相手方において、左側打者は、圏外にとりがたい。
当たり前の結果はあるのですが、1塁ベースには、左側打者のほうが近いですし、左側打者は、打ったルートに走り回ることができるので、左側打者のほうが、的中になる確率が高い。イチローがそんなふうにでしょ。
内野安打が多いのは、そういうことであるのでね。
ですから、本当は、バレンティンがホームラン打者であるので、出塁比が大きい山田ののちに置く。それも4番に置くのが、ナンバーワンではあるのですが、彼は守備に歩きに当惑あるので、終盤。山田ののちに代走で出たプレーヤーという結果、敬遠される面倒がありますからね。
そんなわけで、4番ね。左側打者で今打者の雄平は理想なのですが、今年も相変わらずであるのでね。ってなると、川端か。http://xn--15q63drdr56al6lv8int1btswmjg.xyz/