イースト・シベリアン・ライカの副ヘッド

あのうちのポンテは、
キレキレでね、ドリブルもできるし、黙殺もだせる、用意熱唱のキッカーであり、PKキッカーとして、確実にする。PKは常にお決まりのパックだったけど、でもちゃんと蹴るため遅れるところに蹴る。それも低めにきっちりと蹴るのよね。
で、2メインであげるときは、永井が多くて、永井が時期クリエイターみたいにこういう2クライアントをフォローするようなシステムとしておったのよね。
あとは、夏場にやっとでてきていたのは、田中達也ね。あのキレキレのスピードでね。あちらとしては不快のかな?といったね。
小野伸二は怪我傾向で、何だか現れる先できず、縁台に座っていた先多かったのよね。
ワシントンの1メインで伸二、ポンテの2シャドーというシステムは、こういうご時世はあまりなかったね。
2006ご時世のギドのときは、ワシントン1メインで伸二、ポンテの2シャドーというシステムは多かったけれどもね。本当、でかくて旨いワシントンは反則。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です